ステンレス溶接加工・アルミニウム溶接加工・精密板金加工・製缶加工の職人集団

top / 保有技術

前のページに戻る

ステンレス溶接加工・アルミニウム溶接加工・精密板金加工・製缶加工の保有技術

卓越した保有技術

精密板金加工

導入設備

ステンレス、鉄、アルミニウムの板材をレーザーやタレパンで切断加工し、タップ、 プレスブレーキ曲げ、スポット溶接、プロジェクション溶接、CO2半自動溶接、TIG溶接などの加工を行います。

得意な加工板厚は0.8t~3.2tですが、加工寸法によっては厚さ6.0t程度までの加工にも対応しております。また、塗装やメッキ処理など多様な表面処理のご要望にも応じます。 少数ロットから量産ロットまで対応しております。

製缶加工

製缶加工

ステンレスや鉄のアングル、角パイプ、丸パイプ、板金加工品などを使用して、CO2半自動溶接やTIG溶接で立体構造物に加工します。溶接技術はもちろんのこと、グラインダー等による表面仕上げも当社自慢の技術です。

溶接部などのグラインダー仕上げを塗装した場合、仕上げの跡が浮き彫りとなり外観を損なうことがありますが、当社の仕上げは外観を損なうことなく、お客様に大変喜んで頂いております。

ステンレス溶接加工

ステンレス溶接加工

SUS304、SUS316の厚さ0.8t~4.0tを中心としたステンレス材のTIG溶接を得意としております。とくにステンレスの薄板は歪やすく、溶け落ちやすいのでかなりの経験が必要とされます。当社では今まで培ったノウハウを生かし、出来る限り歪を抑えた綺麗な溶接を実現いたします。

焼け取りはもちろん、ヘアーライン仕上げや電解研磨による鏡面仕上げなど表面処理を丁寧に仕上げます。タンクなど水密性の高い製品の溶接もお客様にご支持いただいております。

アルミニウム溶接加工

アルミニウム溶接加工

1000シリーズ、4000シリーズ、5000シリーズの厚さ1.0t~4.0tを中心としたアルミニウム材のTIG溶接を行います。フルデジタルTIG溶接機を用いて、さらに安定した綺麗なビードと確かな溶接を実現します。

今後さらに当社が力を入れていく分野でもあります。

資格表

(社)日本溶接協会 半自動溶接 基本級 SN-1F2名
(社)日本溶接協会 アーク溶接 基本級 T-1F2名
(社)日本溶接協会 ステンレス鋼溶接 基本級 TN-F 3名
(社)軽金属溶接構造協会 アルミニウム溶接 基本級 TN-1F1名
工場板金技能士 機械板金作業2級3名
動力プレス金型等取扱業務特別教育4名
アーク溶接等業務特別教育4名
研磨といしの取替等業務特別教育3名
産業用ロボット教示等業務特別教育3名
フォークリフト運転技能講習3名
ガス溶接技能講習1名
玉掛技能講習1名
全国どこでも対応可能!まずはお気軽にお問い合わせください。 フォームからのお問い合わせはこちら

前のページに戻る

お見積り・加工依頼・お問い合わせはコチラから
保有資格
  • (社)日本溶接協会 各資格
  • 工場板金技能士 機械板金作業
  • 動力プレス金型等取扱業務特別教育
  • アーク溶接等業務特別教育
  • 研磨といしの取替等業務特別教育
  • 産業用ロボット教示等業務特別教育
  • フォークリフト運転技能講習
  • ガス溶接技能講習
  • 玉掛技能講習

を取得しています。

沢山のお客様から、嬉しい声を頂いています。

加工一筋 職人ブログ

RSS

お知らせ

RSS